実際に行っている治療

最適なタイミングになったところで行う治療内容です。お子さんの症状や状態に合わせた方法で計画を立てて治療していきます。乳歯矯正ならではの技術もあります。

矯正が必要な症状

一般的な呼び名です。複合(組み合わさる)状態の時もありますのであくまでも、参考にしてください。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

「出っ歯」とも呼ばれ、上顎(上あご)の過成長、あるいは、下顎(下あご)が上顎と比較して、奥に引っ込んでいる歯列状態のことです。乳歯矯正時期であれば、骨も柔らかいので早期の改善が可能です。

下顎前突(かがくぜんとつ)

「受け口」とも呼ばれます。
骨格的に下顎が大きい状態のことで、上下の前歯が、前後逆に噛んでいる「反
対咬合」になることもあります。食べ物が上手く咬み切れないなど、生活に問題が出ることもあります。

開咬(かいこう)

奥歯でしっかり噛んでも前歯が咬み合わずに、上下の歯の間が開いてしまう歯列のことです。
開咬は歯列によるものと骨格によるものとに分かれ、原因の多くには、小さい頃の『指しゃぶり』が上げられます。又、長く続いていた指しゃぶりでは、前歯が変形するなど深刻なものもあります。舌の癖(舌の大きさ)や、口呼吸などが原因になることもあります。早期にマウスピースなどで指しゃぶりを止めれば、改善も早まります。

切端咬合(せったんこうごう)

上下の前歯の先端どうしが真っ直ぐにぶつかっているかみ合わせです。
切端咬合の原因は、舌の癖や口呼吸・あごの骨の成長パターンの異常のために
起こりやすい不正咬合です。
矯正では、あごの位置や左右の開き具合の調整も行います。成長期に行えばより早い効果が期待できます。

叢生(そうせい)

乱杭歯(らんぐいし)とも呼ばれ、歯が凸凹に生えている状態のことです。
「八重歯(やえば)」も叢生の仲間です。海外では「ドラキュラティース」と呼ばれ嫌われています。
叢生歯列の原因は、歯の大きさや数に対して、顎の骨が小さく、歯が並ぶ充分なスペースが無い場合におこりやすい不正咬合です。これからのお子さんに、一番起こりやすい症状です。
食生活の変化で、生まれた時からあごが細い骨格が増え、元からの歯の数が並びきらないお子さんが増えています。
乳歯の頃から調整をすることで、永久歯の生えるスペースを確保できます。

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の前歯が下の前歯に深く咬み合わさっているものです。中には、下の歯が全
く見えないくらいに噛み合わせが深いこともあります。

空隙歯列(くうげきしれつ)

「すきっ歯」とも呼ばれ、歯と歯の間に隙間が出来てしまっている歯ならびのことです。
空隙歯列の原因は、顎の大きさに対して歯が小さい場合や、先天的・後天的も含めて歯の数が足りない場合におこりやすい不正咬合です。
乳歯の時期は、歯の間が空いている状態でないと、永久歯が生えるスペースが確保されていないことになります。
専門家の目で、その後の歯並びが正しくなるかどうかの判断を受けることも大切です。

交叉咬合(こうさこうごう)

奥歯または前歯が横にずれているかみ合わせのことです。指しゃぶりが長く続いた場合等によく見受けられます。
永久歯が生える前に、マウスピースなどで指しゃぶりを止め、あごのズレを修正することで、正しい歯並びにすることができます。

治療の流れ

1.初診

状況により、問診や視診をしながら診察します。
この時、怖いイメージを持たれないよう留意します。専門医の立場から治療時期や治療費の概略、およその期間について説明します。また、ご家族としてのご意向、ご質問をお受けします。

2.精密検査

歯や顔の写真・レントゲン、歯列の模型など、治療計画に必要な資料をとります。
小さいお子さんですと、大人の方に抱っこをして頂く場合があります。検査には2時間~2時間半ほどかかる場合もあります。

3.ブラッシング指導

状態によって、ここからスタートする場合もあります。
矯正治療を始める前に習慣化していただくと、より効果的な矯正治療をすることができます。
正しいブラッシング方法をお子さんの目線に合わせて実施し、お口の中の環境の検査結果をお話します。

4.診断

精密検査の結果をもとに、現在の様子説明、これからの具体的な計画(治療計画を含む)・方法・期間・費用などについて約1時間ほど時間をかけて、きちんとご説明いたします。

5.経過観察

問題の状態(矯正の必要性はあるが、時期になっていないなど)によっては、指しゃぶりなど癖を直す、むし歯予防をするなど、直接的な矯正治療の前の状態になる場合もあります。
定期的なご来院をいただき、より効果的な治療時期を待ちます。

6.治療開始

治療計画に従い、時期に合った様々な矯正装置を使い、歯を動かし段階的に治療をすすめます。
治療内容によりますが、約1ヶ月に一度の割合で来院していただきます。

7.保定

動かした歯を安定させるために、保定装置を使います。
期間は個人差がありますが、約1年ほどです。その後は定期的なメンテナンスを行っていきます。

無料相談はこちらから
無料相談はこちらから