当院の特徴

矯正専門の医院であり、40年をかけて5,000症例以上、たくさんの方の歯並びを見つめてきました。

年齢と経験の違う2名の矯正を専門としたドクターが在籍しています

当院には浅見医院長(日本矯正歯科学会 専門医)と
芝崎理事長(日本矯正歯科学会 認定医)が在籍しています。

年齢が異なる2名のドクターが在籍することで、当院で矯正治療された方が20年後も安心して通って頂くことができますし、ベテランの知識・経験を得ながら、より精度の高い治療を提供することが可能になります。
この2名のドクターが1症例ごと全ての患者さまに対して壁一面に映る大きなプロジェクターにレントゲン写真を映し、議論を重ねていきます。

こういったこともあり、当院へは下呂や彦根、静岡から来院される方もいらしゃあります。
県によっては日本矯正歯科学会の認定医はいらっしゃっても専門医はいないところもあるため、遠方から通われる患者さまが通われている理由になっています。

日本矯正歯科学会の“臨床研修機関”に指定されています。

クオリティの高い矯正の治療技術を提供するのはもちろんですが、矯正治療が終了してからもずっと健康でいられるようにと願い、むし歯や歯周病の予防にも力をいれています。

転勤や引っ越しが決まっても大丈夫

歯科医師会や日本矯正歯科学会・日本臨床矯正歯科学会などのネットワークを利用して、引っ越し先でのスムーズな継続治療をサポートします

2世代に渡り、治療されている患者さん…40年という時間

当時、OLさんだったお母様が、小学生のお子さんを連れて来院されることは、そんなに珍しいことではありません。
矯正歯科治療は、一般歯科に比べて時間がかかります。治療期間にいろいろな生活情報を共有して、より良い治療に活かすこともしばしばです。その為、お互いに理解と信頼が生まれることもあって、お子さんやご家族と来院される方も少なくありません。

矯正治療を終えて、その後…もう一つの40年

当院で、矯正治療を終えられた方も、海外など遠方へお引越しなどがない限り、定期的に検診を受けて頂いています。
多くの方に共通するのが、むし歯や重度の歯周病になっておられる方が、大変少ないことに気づきます。
矯正中に、正しいブラッシング法を身につけたから、数年の矯正中に食生活を気にするようになったからと、理由は様々だと感じています。

おそらく、一度「歯並びがきれいですね」と誰かにほめてもらうことが大きいのではないでしょうか。自分に自信が持てる。それを大事にしようとする気持ちが大きく働くのです。
乳児矯正など早期に開始していれば、多くの方は、思春期の頃にはかなり落ち着いています。
きれいな歯並びである自信、正しい歯並びで噛める喜びとそれで得られる健康は、生活全体へも良い影響を与えられると感じています。

矯正装置は歯科医院内で作成

診療所内に歯科技工室が完備

治療に使用する矯正装置を作成しています

歯科技工士が常駐しているので、破損などの急な修理でも対応可能です

無料相談はこちらから
無料相談はこちらから